全国盲人将棋大会

第40回記念全国盲人将棋大会

開催案内はこちら

第39回全国盲人将棋大会結果

 日本盲人会連合の主催による第39回全国盲人将棋大会が、平成27年11月14日(土)~15日(日)の両日、日本盲人福祉センターで開催されました。
 大会にはA級(有段者の部)24人、B級(段位以下の部)13名、C級(初心者の部)4名の計41名が出場しました。

開会式の様子

開会式の様子(竹下義樹会長の挨拶並びに宮田利男八段の挨拶)

 

 (公社)日本将棋連盟からは宮田利男八段を審判長に迎えて、14日は予選、15日は決勝トーナメントが行われました。
また、競技と並行して宮田八段による指導対局、A級・B級の交流トーナメントも行われました。

A級決勝戦並びにA級三位決定戦の様子

A級決勝戦並びに三位決定戦の様子

B級決勝戦並びに三位決定戦

B級決勝戦並びに三位決定戦の様子

C級対戦の様子並びに宮田八段による指導対局

C級対戦の様子並びに宮田八段による指導対局

 決勝戦では、A級が岡山県の山下幸四郎さん、B級が名古屋市の柏木保行さんがそれぞれ優勝、厚生労働大臣賞を手にしました。
 さらに山下さんにはNHK会長賞、各級3位までの入賞者には日本将棋連盟会長賞、並びに日盲連会長賞が贈られました。
 また、C級は茨城県の仲沢美佐江さんが優勝し、記念品が贈られました。

表彰式の様子

表彰式の様子(A級優勝の山下さんとB級優勝の柏木さんの受賞の様子)

 なお、A級優勝者には四段、A級準優勝者には三段、B級優勝者には初段、B級準優勝者には一級が、(公社)日本将棋連盟より授与されることになっています。

【A級】 

 優勝  山下 幸四郎
 準優勝  福岡 繁
 三位   西山 洋一

【B級】

優勝  柏木 保行
 準優勝   西山 正夫
 三位   中山 文夫

【C級】    

一位  仲沢 美佐江
 二位   岩間 緑
 三位   篠崎 聡美
四位 新田 倫子

【A級決勝トーナメント表】


【B級トーナメント表】


第38回全国盲人将棋大会結果

 日本盲人会連合、名古屋市視覚障害者協会の主催による第38回全国盲人将棋大会が平成26年11月8日、9日の両日、名古屋市の名身連福祉センターで開催されました。

 大会にはA級(有段者の部)18人、B級(段位以下の部)12名、C級(初心者の部)5名の計35人が出場しました。今大会より会員以外の参加も可能になり、より開かれた大会になりました。

 日本将棋連盟からは杉本昌隆七段を審判長に迎えて、8日は予選、9日は決勝トーナメントが行われました。また、競技と並行して杉本七段による恒例の指導対局、交流戦トーナメントも行われた。その際に、杉本七段が目隠しをしての指導対局もありました。
 決勝戦では、A級が静岡県の石川准さん、B級が宮崎県の長曽我部進さんがそれぞれ優勝、厚生労働大臣杯を手にしました。
 さらに石川さんにはNHK会長賞、各級3位までの入賞者には日本将棋連盟会長賞、並びに日盲連会長賞が贈られました。
 また、C級は岐阜県の吉田沙也香さんが優勝し、日盲連会長賞が贈られました。
 なお、A級優勝者には四段、A級準優勝者には三段、B級優勝者には初段、B級準優勝者には一級が、日本将棋連盟より授与されることになっています。

 結果は次の通り(敬称略)。

A級

優勝 石川准(静岡県)
準優勝 西山洋一(神奈川県)
3位 山下幸四郎(岡山県)

A級トーナメント表

 

B級

優勝 長曽我部進(宮崎県)
準優勝 口岩健一(愛知県)
3位 柏木保行(名古屋市)

B級トーナメント表