相談されたい方へ

日本盲人会連合更生相談所では、次の事業を実施しています。 

  1. 総合相談(年2回)
  2. 定例法律相談(毎月1回)
  3. 生活相談(随時)
  4. 聞こえにくさ相談(年2回)
  5. 見えにくさ相談(年2回)

 これらの相談は、電話・来訪・手紙・電子メール等様々な形態で実施しています。また、すべての相談は無料で行なっています。
 更に、相談に当たる職員の研修を実施し、相談者が相談して良かったと思える内容にするよう努めてまいります。
 なお、これらの事業に当たっては、広報活動に努め、相談しやすい環境を整備を行ってまいります。

1.総合相談

 総合相談は10月・2月の年2回実施しています。
 内容は眼科相談・法律相談、更生相談の3種類となっています。

(1)眼科相談:順天堂大学眼科医が担当して、対応します。
(2)法律相談:視覚に障害のある日盲連顧問弁護士が担当して、対応します。
(3)更生相談:視覚に障害のある有識者が担当して、対応します。

2.定例法律相談

 定例法律相談は、毎月1回実施しています。
 視覚に障害のある日盲連顧問弁護士が担当して、対応します。
 相談時間は1回30分です。
 また、一日の定員を超えた場合でも対応するように努めています。

3.生活相談

 生活相談は、厚生労働省委託による全国盲人生活相談事業として、日本盲人福祉センターにおいて随時実施しています。
 内容は、病気・健康等家庭心配事相談、就学・就職相談、年金・社会保険相談、移動・旅行相談など各方面での相談に対応しています。

4.聞こえにくさ相談

 聞こえにくさ相談は、聞こえにくくなった視覚に障害のある方を対象として実施します。
 この相談の開催については総合相談に併せる形で実施するよう努めてまいります。

5.見えにくさ相談

 見えにくさ相談は、見えにくくなってきた方を対象として実施します。
 この相談の開催については総合相談に併せる形で実施するよう努めてまいります。

相談・お問い合わせは下記まで。
日盲連更生相談所
電話(代表):03-3200-0011
メール:soudan@jfb.jp