第44回全国視覚障害者将棋大会が開催されました

2022年12月7日

 12月3日と4日の2日間にわたり、日本視覚障害者団体連合主催「第44回全国視覚障害者将棋大会」が東京都新宿区の全国障害者総合福祉センター(戸山サンライズ)を会場に開催され、36名の参加者による熱戦が繰り広げられました。新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、昨年、一昨年はやむなく中止し、代わって「視覚障害者リモート将棋大会」を実施しました。よって、対面での本大会の開催は3年ぶりとなりました。

 本大会には、公益社団法人日本将棋連盟より千葉幸生七段が審判長、加藤結李愛女流初段が副審判長の任に就かれ、また、富士通株式会社、棋友館、東京アマチュア将棋連盟等、ボランティアの方々が審判員を務められた。千葉審判長はご挨拶の中で、「以前、奨励会時代にこの大会の審判員としてお手伝いした経験がある」とエピソードを語られました。

 2日目には、千葉審判長と加藤副審判長による指導対局が行われ、順番待ちが出るほどの活況を呈しました。また、A級決勝戦では、千葉審判長と加藤副審判長による大盤解説会と封じ手(次の一手)当てクイズを実施しました。これは、対局中の中終盤辺りで先手・後手番の各1回ずつの封じ手を、①千葉審判長が予想した指し手、②加藤副審判長が予想した指し手、③その他の指し手の3つから参加者が選ぶというもので大いに盛り上がりました。

 最後に千葉審判長と加藤副審判長は講評の中で、「3年ぶりに対面しての大会が行われたことは、嬉しい限りです。いずれの対局も白熱した戦いで棋力も相当高いレベルである」と評されました。

第44回全国視覚障害者将棋大会の様子

    なお、各クラスの入賞者は次の通りです。

【S級】
 優勝 石川准さん(静岡県) 五段位認定 
    ※第42回全国大会の時と今回で2回目の優勝

【A級】
 優勝 長谷川智也さん(愛知県) 四段位認定
 2位 田中武男さん(佐賀県) 三段位認定 
 3位 関口透さん(千葉県)

【B級】
 優勝 宮本博さん(東京都) 初段位認定
 2位 鈴木勝さん(横浜市) 1級認定
 3位 中村雅人さん(名古屋市)

【C級】
 優勝 坂巻正二さん(千葉県)

日本視覚障害者団体連合動画ページに移動します

将来ビジョン検討委員会 報告書ダウンロードページに移動します

    お役立ちリーフレット・パンフレット

    日盲連の歌 ダウンロードページに移動します

    日視連 賛助会員入会のお願い

    日視連 災害積立基金への募金のお願い