組織部

団体事務局

 国や地方自治体の視覚障害者政策(人権・福祉・教育・職業・交通問題等)の立案や決定に際し、視覚障害者のニーズを反映させるため、本連合では陳情や要求運動を行っています。組織部の役割の1つに、そうした全国各地における視覚障害者のニーズを取りまとめる作業があります。

 大きな行事の企画運営としては、全国盲人福祉大会の準備を地元の団体と共催し、毎年全国から約2000名の会員が集い、3日間の日程で開催しています。全国から出された要求項目は、生活・バリアフリー・職業の3分科会で議論されますが、各分科会で採択された要求項目を組織部の団体事務局が集約して、国に陳情する手筈を整えています。
 また、文化活動として、毎年1回全国盲人将棋大会全国盲人文芸大会を開催しています。

 その他、組織部の役割は、各種会議や調査研究事業の開催における事務、及び本連合の運営や業務の決定等を審議する理事会・評議員会の事務を担当するのが、組織部団体事務局になります。また、役員への連絡調整なども団体事務局が担っています。