旧優生保護法による優生手術(子どもができなくなる手術)を受けた方へのアンケート調査について(協力のお願い)

2022年8月23日

衆議院調査局厚生労働調査室において、優生手術(子どもができなくなる手術)を受けた方を対象としたアンケート調査を実施しています。
このアンケート調査は、2019年に公布・施行された「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律(略称:一時金法)21条(調査等)」に基づき、障害を理由とした国による強制不妊手術などの事態 が二度と起こらないよう当時の状況を把握することが目的です。

ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

アンケート調査のご案内・調査票、回答方法は次のURLのページを御確認下さい。
テキスト版も用意されています。

回答締め切り
 2022 年11 月30 日(水)
調査対象
  優生手術(子どもができなくなる手術)を受けた方ご本人のほか、ご家族、ご親族、介助者、支援者等
主な内容
 優生手術を受けることになった経緯及び優生手術を受けた後の影響 等
 ※アンケートは無記名であり、個人の回答が特定されたり、外部に知られたりすることはありません。

URL 
https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/yuuseihogo.htm

調査の回答・問い合わせ先は次の通りです。
衆議院調査局厚生労働調査室 
電話番号:03-3581-5510(受付時間:平日10時~17時)
FAX:03-3581-7577
e-mail:yuuseichousa@shugiinjk.go.jp

日本視覚障害者団体連合動画ページに移動します

将来ビジョン検討委員会 報告書ダウンロードページに移動します

    お役立ちリーフレット・パンフレット

    日盲連の歌 ダウンロードページに移動します

    日視連 賛助会員入会のお願い

    日視連 災害積立基金への募金のお願い