日盲連 声のひろば

「日盲連 声のひろば」について

日本盲人会連合が提供するWEBラジオ番組です
 「日盲連 声のひろば」は、さまざまな話題をゲストの『声』を交えてご紹介するインターネット版音声情報誌です。お役立ちトピックや、娯楽・趣味といった皆様の生活を豊かにする話題などを毎月お届けします。タイトルごとに、またすべてを通してお聴き頂くことができます。

日盲連点字図書館から貸し出しも行っています
 デイジー・カセットテープをご用意しています。皆様が日頃よりご利用のメディアで番組をお楽しみ下さい。ご希望の方は、日盲連点字図書館(電話:03-3200-6160)までお問い合わせ下さい。

日盲連 声のひろば 最新号

令和元年8月号

すべて通して聞く (63分17秒)

タイトル別

はじめに~悪魔の魚「デビルフィッシュ」&内容紹介~ (4分36秒)

うだるような暑さが続いていますが…
夏バテしてはいませんか?
涼しくなるためには、
打ち水にかき氷、そして怖い話。

すこし怖い話をしてみましょうか…

【左写真の説明】
左から赤色のオクトパス君、金色のオクトパス君

 

1. 時を繋ぎ、人を繋ぐ 盲人将棋の世界 (18分45秒)

出演:将友会 会長 野末正之氏、相談役 福岡繁氏

将棋の歴史においても視覚に障害のある棋士が存在します。
現代でも愛されている将棋の戦法「石田流」は、江戸時代に活躍した盲目の棋士・石田検校が作ったと言われています。
近年では、故・西本馨七段もまた視覚に障害がある棋士でした。
視覚障害者のための「将棋」について、将友会の野末正之会長、福岡繁相談役のお二方にお話を伺っています。

さあ、駒の音が聞こえてきましたよ!!

【右写真の説明】
将友会 野末正之会長(左)と福岡繁相談役(右)

 

 

 

 

 

 

 

【写真の説明】
盲人将棋の駒と盤。駒の尻には点字が打ってあり、駒の種類と表裏が分かるようになっている

「第43回全国盲人将棋大会 in加古川」開催のお知らせ

日時:2019年11月9日(土)~10日(日) 
場所:加古川まちづくりセンター 貸会議室
  (兵庫県加古川市加古川町溝之口507 サンライズ加古川ビル5階)

アクセス方法:JR山陽本線 加古川駅 下車 徒歩3分

参加資格:全ての視覚障害者
参加費:
  日盲連会員 2000円
  会員外   5000円
申込み方法:
  会員の方 所属する各都道府県・指定都市の日盲連加盟団体へご連絡ください
  会員外の方 日盲連組織部団体事務局へご連絡ください

申込み締め切り:10月4日(宿泊希望の方は9月27日までにお申込みください。)

 

【左写真の説明】
昨年の全国盲人将棋大会の様子

 

 

 

 


◆対局について…
 
A級優勝経験者の部 S級、有段者の部 A級、級位以下の部 B級、初心者の部 C級の4クラスに分かれて行われます。S級とC級は総当たり制、A級とB級は予選を行った上で、トーナメント方式で実施する予定です。

 

【お問い合わせ】
 日盲連 組織部団体事務局
 電話:03-3200-0011(代表) 
 FAX:03-3200-7755
 E-mail:jim@jfb.jp

2.「今、広がる…スマートサイト・ロービジョンケア」 後編 (2分04秒)

出演:鍼灸・マッサージ治療院 あおぞら空間 山田英雄氏、札幌市視覚障害者福祉協会 視覚障害生活訓練専門職員 小宮康生氏

【写真の説明】「第72回全国盲人福祉大会 札幌大会」大会2日目のフォーラムでの様子

 日本盲人会連合「第72回全国盲人福祉大会」が5月26日から28日までの3日間にわたり北海道札幌市のニューオータニイン札幌、札幌市民交流プラザ 札幌文化芸術劇場 ヒタルの2会場で開催されました。
大会2日目の27日には、ニューオータニイン札幌で「スマートサイト・ロービジョンケア」をテーマにフォーラムが開かれました。

コーディネーターの札幌市視覚障害者福祉協会 近藤久江会長の進行の下、助言者に日盲連 竹下義樹会長を迎え、パネリストには勤医協札幌病院 眼科副科長 永井春彦氏、鍼灸・マッサージ治療院 あおぞら空間 代表 山田英雄氏、札幌市視覚障害者福祉協会 視覚障害生活訓練専門職員 小宮康生氏の3名の方が登壇しています。

今回は、鍼灸・マッサージ治療院 あおぞら空間 山田英雄氏、札幌市視覚障害者福祉協会 視覚障害生活訓練専門職員 小宮康生氏によるフォーラムでの講演をお届けします。

(講演1)鍼灸・マッサージ治療院 あおぞら空間 山田英雄氏 (9分21秒)

(講演2)札幌市視覚障害者福祉協会 視覚障害生活訓練専門職員 小宮康生氏 (9分26秒)

【写真の説明】
鍼灸・マッサージ治療院 あおぞら空間 山田英雄氏(左)と札幌市視覚障害者福祉協会 視覚障害生活訓練専門職員 小宮康生氏(右)

【お問い合わせ】
 日盲連 組織部団体事務局
 電話:03-3200-0011(代表) 
 FAX:03-3200-7755
 E-mail:jim@jfb.jp

3.用具ステーション (6分00秒)

出演: 日盲連用具購買所 小川敏一職員

【写真の説明】
音声案内を聞きながら、4種類の運動ができる「ロコモ先生」(左)と熱中症の危険度と風邪の危険度を教えてくれる「おしゃべり熱中症計」(右)

【お問い合わせ】
 日盲連 用具購買所
 電話:03-3200-6422
 FAX:03-3200-6428
 E-mail:yogu-toi@jfb.jp

4. 言葉の船出 (7分28秒)

出演: 日盲連相談役 竹田寿和さん

 

おわりに~定額制時代の到来!?~ (3分44秒)

【写真の説明】定額制を実施している「野郎ラーメン」のラーメン

日盲連 声のひろば奥付&著作権について (1分53秒)

 本コンテンツの著作権は、日本盲人会連合に帰属します。また貸し、複製などによる第三者への提供はできません。予めご了承ください。

 編集:社会福祉法人日本盲人会連合 情報部
 電話:03-3200-6169 E-mail:jouhou@jfb.jp

 発行:社会福祉法人日本盲人会連合
 〒169-8664東京都新宿区西早稲田2-18-2
 電話:03-3200-0011(代表) FAX:03-3200-7755 WEB:http://nichimou.org/

バックナンバー

※過去3か月分のバックナンバーを掲載しています