ふるさと

2016年9月21日

 皆さんはふるさとをどのようにイメージしていますか。私にとってのふるさとは、生まれ故郷を遠く離れ、しかも生家はすでに空っぽとなり、年に1回か2回の墓参りのために帰京するだけのふるさととなってしまいました。しかし、私にとってはふるさとも旧友も忘れがたい存在です。生家はこのままでは廃墟となってしまいますが、もうしばらくは残しておきたいと思っています。今年もお盆には両親をはじめ先祖が眠っている輪島のお墓にお参りすることができました。