今年度の決意

2014年5月1日

 日盲連会長の竹下義樹です。これから私の会長としての考えなどをみなさんにお伝えすべく、定期的にブログを更新していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 さて、現在、日本の障害者を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。

 わが国も障害のある人の権利条約を批准し、本年2月19日から締約国になりました。

 昨年6月には障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)が制定され、2016年4月から施行されようとしています。それ以外にも法律が次々と改正され、新しい国づくりが進められようとしています。

 日盲連は、1948年の結成以来、視覚障害者のナショナルセンターとして全国の視覚障害者の声を集約し、国の制度づくりに反映させてきました。私は2012年3月に7代目の会長に就任しましたが、諸先輩が積み上げてきた実績を引き継ぐだけでなく、今日の情勢をふまえた視覚障害者の基本的人権が保障される社会の実現に向け努力する所存です。

 国民の理解なくしてはそうした目標は達成できません。会員をはじめ多くのみなさんのご支援を心からお願い申し上げます。