日盲連点字図書館に「桜井政太郎」顕彰記念誌が寄贈されました!

2017年4月28日

贈呈式の模様

 【写真の説明】寄贈式の模様(右:及川理事長・左:清水館長)。

 4月26日、社会福祉法人 岩手県視覚障害者福祉協会 及川清隆理事長(日本盲人会連合副会長)が日本盲人福祉センターを訪れ、本連合点字図書館に記念誌「桜井政太郎」顕彰記念誌を寄贈、その寄贈式が会長室で行われました。

顕彰記念誌

 これらの資料は本年2月に一周忌を迎えた桜井政太郎氏の偉業と、その功績を全国および後世に伝えるべく製作されたもので、及川理事長は「(日盲連の)点字図書館に視覚障害者の情報を集積し、末永く活用して頂きたい」と述べました。
 また、今回の寄贈をうけ、日盲連点字図書館 清水智子館長は「貴重な資料を寄贈頂き感謝しています。蔵書として、有効に活用させて頂きます」と感謝の意を表しました。

【日本の「視覚障がい者のための手でみる博物館」創設者「桜井政太郎」顕彰記念誌】
 墨字版:全1巻 点字版:全4巻 音声版(デイジーCD):1枚