劇団民藝「ある八重子物語」再演のご案内 

2021年5月19日

 昨年末行われた劇団民藝とこまつ座による公演「ある八重子物語」が6月17日(木)~6月27日(日)、東京・千駄ヶ谷の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(タカシマヤタイムズスクエア南館7F)にて再演されます。井上ひさし 作、丹野郁弓 演出

【出演】篠田三郎、横島亘、藤巻るも ほか

【開演時間】13時30分
※ただし、6月17日(木)と25日(金)は18時30分から開演


【舞台説明会】
 今回、視覚障害者対象の事前舞台説明会が行われます ※要予約

〈日程〉6月20日(日)、24日(木)、26日(土)の12時30分から15分程度行われます

★事前舞台説明会に参加希望で日程調整が難しい方はご相談ください


【入場料金(全席指定・税込)】
・一般   :6600円
※視覚障害者の場合、付添者1名に限り無料、それ以上の人数での来場でも晴眼者含め割引料金一般6000円となります(障害者手帳の提示が必要です)

その他、
・夜チケット:4400円(18時30分開演の回)
・U30  :3300円(30歳以下、要証明書)
・高校生以下:1100円(枚数限定、要証明書)
※割引チケットは劇団のみ取扱いです

【その他】
・点字チラシ、点字版DMあり
・点字パンフレットは要予約、墨字と同内容同価格で販売
・盲導犬同伴・車イス席希望、土・日の無料託児サービス利用の際は事前にご連絡ください
・ご来場の際はマスクの着用、検温、手指の消毒・手洗い、控えめな会話等にご協力を

【お申し込み・お問い合わせ】
「劇団民藝」(電話044-987-7711、月~土10時~18時)まで

★上演日程や詳細はホームページ(http://www.gekidanmingei.co.jp/)も参照ください