桜雲会主催日本点字制定130周年記念講演会

2020年11月5日

 社会福祉法人桜雲会主催による「日本点字制定130周年記念講演会」が開催されます。

【日時】11月23日(月・祝) 13時~16時30分

【会場】中野サンプラザ14階クレセントルーム

【講演会内容】
・講演1「日本点字の父、石川倉次先生」
 伊藤友治 氏(盲教育史研究会会長)

・講演2「日本点字を磨いた人々~鳥居篤治郎とその同時代人」
 岸博実 氏(京都府立盲学校非常勤講師)

・講演3「メディアの進化を力にして点字の拡張性を追求しよう」
 岩上義則 氏(霊友会法友文庫点字図書館館長)

 ※そのほか、全盲のバイオリニスト穴澤雄介 氏による演奏も予定されています

【参加費】1000円(資料代込み)

【定員】30名(定員になり次第締め切り)

【その他】
・視覚障害者の方向けに中野駅改札から会場まで誘導を行う予定です

・参加者はマスクの装着と検温の実施にご協力ください

【ライブ配信】
 当日YouTubeにてライブ配信を行う予定です

〈配信開始〉11月23日13時30分から

【お申し込み・お問い合わせ】
「桜雲会」
(電話03-5337-7866、FAX03-6908-9526、Eメールounkai@nifty.com)まで

★当日緊急連絡先
「甲賀携帯」(電話090-4377-7475)