「視覚障害児の教育状況アンケート」の報告 

2020年6月25日

 日本視覚障害者団体連合青年協議会主催による社会対策研修会「『視覚障害児の教育状況アンケート』の報告及びシンポジウム」が7月12日(日)14時から行われます(最長16時まで)。今回はウェブ会議システムのZoomを活用し、オンラインにて実施します。

 日視連青年協議会では当事者団体として視覚障害のある児童・生徒がより良く学び、社会で活躍できる環境づくりのため、視覚障害のある児童・生徒を対象としたアンケート調査を実施し、昨年度末に報告書をまとめました。

 今回の研修会ではアンケート結果の報告とそれを受けて専門家や当事者(現役学生)の意見交換を行います。

【アクセス方法】
視聴希望者に直接共有します。アクセスに不安のある方については、事前の相談を受け付けます。

【定員】70名程度

【主な内容】
1.「視覚障害児の教育状況アンケート」の結果報告
 (伊藤丈人 前青年協議会会長)

2.シンポジウム「視覚障害児童生徒の生活を取り巻く諸課題について」
◎発言者:大内進 氏(国立特別支援教育総合研究所特任研究員)
     中川美枝子 氏(津田塾大学学生)
     吉本賀永子 氏(千葉大学学生)
     伊藤丈人 氏(前青年協議会会長) ほか調整中

◎司会:福地健太郎 氏(青年協議会常任委員)

【視聴希望】メールにてご連絡ください。

【申し込み・お問い合わせ】
「福地健太郎」(Eメールshakai@seinenkyou.org