障害のある人の芸術文化活動をひろげるために

2019年2月8日

 国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)主催による「平成30年度厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業成果報告会『障害のある人の芸術文化活動をひろげるために』事例発表&パネルディスカッション」が開催されます。

 成果報告会では、厚生労働省が進めている「障害者芸術文化活動普及支援事業」を担う障害者芸術文化活動支援センターからの取組報告、障害者芸術文化活動広域支援センター担当者や美術・舞台表現の専門家とともに障害者の文化芸術活動についてのパネルディスカッションを行います。また、全国の支援センターのパネル展示も同時開催します。

日時:3月5日(火)14時30分~17時30分
場所:TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原 ホール3A、3B(東京都千代田区外神田1-7-5フロントプレイス秋葉原)
定員:100名
参加費:無料 ※終了後の交流会に参加する場合は、2000円になります。

【応募方法】
郵送、FAX、Eメールのいずれかで、必要事項を明記の上、お申し込みください。
お申し込み締め切りは、2月20日17時までです(定員になり次第締め切り)。

お申し込み・お問い合わせは、「国際障害者交流センター」(〒590-0115大阪府堺市南区茶山台1-8-1、電話072-290-0962、FAX072-290-0972、Eメールarts@big-i.jp)までご連絡ください。お電話でのお問い合わせは、土・日・祝日を除く10時から17時までとなります。
詳細は、同ホームページ(https://www.big-i.jp/contents/art/detail.php?eid=00774&category=2)をご参照ください。