ごぜ唄が聞こえる 最終回のご案内

2019年1月31日

 東京都世田谷区の「ブローダーハウス」にて、2007年から毎年開催されていた「ごぜ唄が聞こえる」の最終回が開催されます。

最後の瞽女と謳われた小林ハルの愛弟子にして、現在唯一の長岡系・高田系ごぜ唄伝承者である萱森直子氏が、今回は12年間の感謝を込めて、弟子集団「さずきもん」のメンバー9名とともにパワーと活気にあふれる特別バージョンを披露します。

日時:2月22日(金)14時からと19時から、23日(土)の14時からの全3回(上演時間105分)
料金:3000円(予約制、当日精算、全席自由)
視覚障害者及び付添者割引きについてはお問い合わせください。
場所:「ブローダーハウス」(東京都世田谷区松原5-27-10)
交通アクセス:京王井の頭線「東松原駅」から徒歩2分

各回それぞれにプログラムが異なるので、詳細はホームページ(https://www.echigo-gozeuta.com/news/382)にてご確認ください。ご予約・お問い合わせは、「ブローダーハウス」(電話080-5055-3251)までご連絡ください。