『それから』 バリアフリー上映のお知らせ

2019年1月4日

 国立映画アーカイブ主催による「国立映画アーカイブ開館記念 映画プロデューサー 黒澤満」で、夏目漱石原作、森田芳光監督の映画『それから』(1985年、日本)のバリアフリー上映が行われます。

日時:1月26日(土)13時30分から(13時開場)

場所:「長瀬記念ホール OZU」2階(東京都中央区京橋3-7-6)

交通アクセス:東京地下鉄銀座線「京橋駅」出口1から昭和通り方向へ徒歩1分
       都営地下鉄浅草線「宝町駅」出口A4から中央通り方向へ徒歩1分

料金:障害のある方は無料(付添者は原則1名まで)。
   一般520円
   高校・大学生・シニア(65歳以上)310円
   小・中学生100円
   キャンパスメンバーズは無料。
※学生、シニア、障害のある方、キャンパスメンバーズは、証明できるものを提示して下さい。

 視覚障害者向け音声ガイドのほか、聴覚障害者向け字幕投影、磁気ループシステムがあります。
 音声ガイドラジオ(貸出・持参)の利用、磁気ループシステム座席をご希望の方は、事前にご連絡下さい。
 申し込みは1月11日まで(定員になり次第、締切)。

 申し込み先は「国立映画アーカイブ上映展示室」(FAX03-3561-0830、Eメールassist@nfaj.go.jp)。
 問い合わせ先は「国立映画アーカイブ」(電話03-5777-8600)。
 詳細はホームページ(http://www.nfaj.go.jp/exhibition/kurosawa201812/#section1-5)をご参照下さい。