平成30年度の点字技能師試験に21名合格

2018年12月21日

 日本盲人社会福祉施設協議会の平成30年度(第19回)社内検定試験(点字技能検定試験)の合格者が同協議会から発表されました。試験は、11月11日、東京(戸山サンライズ)、大阪(日本ライトハウス情報文化センター)、名古屋(名古屋ライトハウス情報文化センター)、福岡(クローバープラザ)の4会場で行なわれ、受験者87名のうち、21名が合格しました(点字使用者9名・墨字使用者12名)。

 今回の合格者のうち3名の方が、盲ろう者で初の合格を勝ち取られました。合格者は、準国家資格に相当する点字技能師として認定されます。

合格された方々(敬称略、50音順)
饗場野枝(京都府)
浅野靜子(滋賀県)
石津彩子(神奈川県)
後根モモヨ(山口県)
大石万里子(福岡県)
押川恵子(宮崎県)
加賀明音(大阪府)
金山和佳(島根県)
九曜弘次郎(富山県)
今野直美(埼玉県)
近藤瞳(東京都)
白川ちひろ(茨城県)
田中康弘(大阪府)
辻井直樹(島根県)
中西渓(東京都)
中村文子(神奈川県)
日野瑠里(長野県)
広田知江子(大阪府)
前田朱実(兵庫県)
南奈々(佐賀県)
和久井聖子(埼玉県)