第45回国際福祉機器展 10月10日から

2018年9月27日

 世界の最新福祉機器を総合展示する「第45回国際福祉機器展HCR2018」が10月10日(水)~10月12日(金)の3日間、東京・有明の「東京ビッグサイト」東展示ホールで開催されます。

  ◆「第45回国際福祉機器展HCR2018」

 世界14か国・1地域、約560社が出展し、食品、衣料、自助具から車イス、福祉車両、入浴・トイレ、住宅関連、福祉施設向けの設備・備品まで、約20000点のさまざまな機器が展示されます。視覚障害関係では点字プリンタ、点字ディスプレイ、拡大読書器、活字文書読上げ装置、音声情報案内装置などが出展予定です。

その他にも、同時開催イベントとして
1.国際シンポジウム「仕事と育児・介護の両立支援 その現状と対策」
  (11日13時~16時、参加費1000円) 
2.HCRセミナー
  (福祉機器、保健福祉・介護に関する各種セミナー、入場無料、資料代別) 
3.出展社プレゼンテーション (入場無料) 
4.特別企画(入場無料)
 障害児のための「子ども広場」、ふくしの相談コーナー、福祉機器開発最前線(機器紹介)、アルテク講座、被災地応援コーナー、パラスポーツコーナー、補助犬コーナーなど

日時:10月10日(水)~10月12日(金)
   10時~17時30分(12日は16時まで)
場所:「東京ビッグサイト」 東展示ホール
交通アクセス:新交通ゆりかもめ「国際展示場正門駅」下車徒歩3分
入場について:入場料は、無料で登録が必要になります。
       一部の講座等は、有料になりますのでご注意ください。

 登録その他、詳細は、ホームページ(http://www.hcr.or.jp)をご参照ください。
お問い合わせは、「保健福祉広報協会HCR2018事務局」(電話03-3580-3052、FAX03-5512-9798)までご連絡ください。