第3回とっておきのアイディアコンテスト開催

2018年6月12日

 社会福祉法人日本点字図書館・公益財団法人共用品推進機構の主催による「第3回 目が見えない・見えにくい私だから考えついた“とっておきのアイディア”コンテスト」が実施される。

 現在、世の中にある製品の多くは、障害のない人たちが考え、作られている。そのため、障害のある人達にとっては、使いづらい「製品」が存在している。それを解決する方法の一つとして、同コンテストを実施し、障害のある人達のアイディアを募集する。

 募集テーマはジャンルは問わないが、目が見えない・見えにくい私だから考えついた製品に限る。こんなモノがあれば、今不便なことが便利になる、こんなことができるようになるといったアイディアを募集。既存品の改良案でも応募可。視覚障害特別支援学校(以下、盲学校)と、一般の二つの部門に分けて行う。

 応募資格は「盲学校の部」が盲学校に通う18歳までの児童・生徒(学級・学年のチーム、家族との応募も可)。「一般の部」が視覚に障害のある人や、一般校に通う視覚に障害のある児童・生徒など。

 応募方法は、郵送、FAX、メールのいずれかで。応募締め切りは9月7日(当日消印有効)。応募の際の記載事項は、次の通り。

 (1)部門
 (2)アイディアの名称
 (3)対象者
 (4)アイディアの詳しい内容
 (5)アイディアのアピールポイント
 (6)氏名
 (7)年齢(学年)
 (8)性別
 (9)住所
 (10)所属(学校・所属機関名)、職業
 (11)連絡先電話番号
 (12)連絡先FAX番号
 (13)メールアドレス。

 結果は、視覚障害者関連のイベントと連動し、表彰、展示を行う。その他詳細は主催団体ホームページ(日本点字図書館http://www.nittento.or.jp/news/idea_contest.html、共用品推進機構http://kyoyohin.org/ja/index.php)を参照。

 申し込み・問い合わせ先は
 「日本点字図書館とっておきのアイディアコンテスト係」(〒169-8586 東京都新宿区高田馬場1-23-4、電話03-3209-0241、FAX03-3204-5641、Eメールnitten@nittento.or.jp
 共用品推進機構とっておきのアイディアコンテスト係」(〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-4OGAビル2F、電話03-5280-0020、FAX03-5280-2373、Eメールjimukyoku@kyoyohin.org)。