「4しょく会」春のイベントご案内

2018年5月21日

 「視覚障害者文化を育てる会」(4しょく会)主催による春のイベント「今、あえて考える按摩の意義~21世紀の『盲目物語』は触読者の手から生まれる!~」が開催されます。
 今回は初めて、視覚障害者の伝統的な職業、適職といわれる「按摩」を取り上げます。講演とパネルディスカッションにより、視覚障害者にとっての按摩、三療の現状と未来を探ります。

日時:6月9日(土)13時~17時
会場:「長岡京市中央生涯学習センター」3階特別展示室
(京都府長岡京市神足2丁目3-1バンビオ1番館内、JR長岡京駅前)
 当日は12時50分にJR長岡京駅の改札口を出た所に集合、適宜会場へ移動します。

定員:80名(先着順、要予約)
参加費:会員および学生300円、非会員500円。イベント終了後の懇親会は4000円(希望者のみ)。
主な内容:
・講演「台湾の盲人按摩~フィールドワークから明らかになった実態」(木村自氏)
・パネルディスカッション「私はなぜ按摩を選んだのか」
1.「つなぐ~盲学校教員として」(長尾隆一郎氏)
2.「広げる~ヘルスキーパーとして」(橋本一弘氏)
3.「深める~治療院経営者として」(園田哲生氏)

参加申し込み方法:6月1日(金)までに電話かメールで、1.氏名・ふりがな(フルネームで) 2.電話番号およびメールアドレス 3.希望する配布資料(点字・墨字のいずれか) 4.懇親会の出欠(当日変更の場合はキャンセル料が発生する場合がある)をお伝えください。

 お申し込み・お問い合わせは、「佐木理人」(電話080-2527-9383、平日21時~23時、日曜18時~23時)、「4しょく会事務局」(Eメールjasmine@tenjiban.com)までご連絡ください。