視覚障害者対象に福祉機器展 北九州で

2018年5月21日

 北九州市近郊の視覚障害当事者団体、支援機関・団体などで作る実行委員会の主催による「見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2018」が6月24日(日)10時~16時、北九州市立西部障害者福祉会館(北九州市八幡西区黒崎3-15-3コムシティ5階)で開催されます。

主な内容:
1.「商品を手に取って、触ってみよう」
 視覚関連の福祉機器業者約20社による機器展示(一部は実際に手に取って体験できる)をします。一般に販売されているもので視覚に障害のある方に便利なグッズも展示します。
 
2.「知らないことを聞いてみよう」
【各種相談】
(1)視覚障害生活訓練等指導者(歩行訓練士)による白杖のフィッティングや相談
(2)相談員による福祉制度や福祉サービスに関する相談
(3)補聴器など、聞こえに関する相談 

3.「話を聞いて、体験してみよう」
事前申し込み不要のセミナー・体験コーナー】
(1)盲導犬体験
(2)音声アシスト付きIH調理機・電子レンジ・炊飯器などの操作方法体験
(3)企画展「日本文化を五感で感じるユニバーサルデザイン~伝統とテクノロジーの融合~」世界遺産「二条城」やJR博多駅の触地図の展示、音声・点字・香り付きの立体浮世絵の展示、ほか。
事前申し込みが必要な体験コーナー】
(4)文字を読み上げてくれるメガネ「OTON GLASS(オトングラス)」体験・セミナー。
 時間:午前の部10時15分~12時15分、午後の部13時15分~15時15分。
(どちらも先着15名になります。セミナーだけを希望する場合は、申込み不要です。体験を希望する場合は、午前・午後のどちらかを申し込む(6月1日から受け付け)必要があります。

 お申し込み・お問い合わせは、公益財団法人北九州市身体障害者福祉協会(電話093-883-5555、FAX093-883-5551)までご連絡ください。

詳細は、ホームページ(http://www.aizu-k.com/kikiten/)にてご確認をお願いいたします。