マッサージ師の将来を考えるラジオ番組のご案内

2018年3月30日

 RAB青森放送『RAB耳の新聞』にて「マッサージ師の将来を考える その1」と「同 その2」が放送されます。

 放送日時:「マッサージ師の将来を考える その1」 4月1日
      「マッサージ師の将来を考える その2」 4月8日
      いずれも6時40分から7時
 
 内容は、去る2月12日に仙台市で開催された19条を守る東北協議会主催「マッサージ師の将来を考えるシンポジウム」の模様から、その1では、日本盲人会連合竹下義樹会長と、筑波技術大学藤井亮輔教授による基調講演を、その2では、宮城教育大学長尾博教授、日本あん摩マッサージ指圧師会安田和正会長ほか3名のシンポジストの発表の一部を紹介します。また、2回にわたり番組コメンテーターとマッサージの将来について考えます。番組コメンテーターは日本盲人会連合副会長、東北盲人会連合会長、岩手県視覚障害者福祉協会理事長の及川清隆氏と、青森県立盲学校教諭で青森県視覚障害者福祉会副会長小山田寛氏、パーソナリティーは南舘邦士氏になります。

 受信可能エリアは、青森県内(AM放送、ワイドFM)、全国(ネットラジオ ラジコプレミアム)です。なお、上記方法で受信できずお聞きになりたい場合は、青森県視覚障害者情報センター(電話017-782-7799)で番組を収録したCDの貸し出しを受けられます。