障害と人権全国弁護士ネットシンポジウムを開催 

2018年2月9日

 障害と人権全国弁護士ネット主催、金沢弁護士会後援による、障害と人権全国弁護士ネットシンポジウムinかなざわ「共生社会実現のヒントとは~重度の障害・難病のある人も病院や施設から地域に出て普通の暮らしを実現するために」が開催されます。

 日時と会場:
    ①3月17日(土)13時30分~17時(受付開始13時)「金沢商工会議所」1階ホール(金沢市尾山町9-13)。
 ②3月18日(日)9時30分~12時(受付開始9時)「本多の森」会議室1階B(金沢市石引4-17-1)。

 内容:
 ①3月17日(土)、基調講演「あたり前の生活を取り戻すために 障害者権利条約が求める地域生活(仮)」井上英夫氏(金沢大学名誉教授)、基調報告(難病・筋ジストロフィー当事者・古込和宏氏・ノンフィクション作家・川口有美子氏・金澤弁護士会弁護士・宮本研太氏)、パネルディスカッション。
 ②3月18日(日)、報告会「障害者事件の今」全国のネット会員弁護士が障害者の権利擁護に関する事件の報告。

 両日とも申込不要、入場無料です。手話通訳、要約筆記もございます。お問合せ先は「障害と人権全国弁護士ネット事務局」(電話0565-37-8020、FAX0565-37-8067、弁護士田中伸明)までご連絡ください。詳細はホームページ(http://syougainet.info/)にてご確認をお願いいたします。