マッサージ師の将来を考えるシンポジウム

2018年1月18日

 あはき法19条を守る東北協議会主催、公益社団法人日本あん摩マッサージ指圧師会共催による「マッサージ師の将来を考えるシンポジウム」が開催されます。

 日時:2月12日(月)10時50分~15時30分(10時30分受付開始)
 場所:「仙台市福祉プラザ」1階プラザホール(宮城県仙台市青葉区五橋2丁目12-2)

 前半は筑波技術大学教授藤井亮輔氏と日本盲人会連合竹下義樹会長の基調講演が、後半はシンポジウムが行われます。シンポジストは、宮城教育大学教授長尾博氏、赤門宏志学院総務課長坂本浩樹氏、全日本視覚障害者協議会理事東郷進氏、宮城県鍼灸マッサージ師会長山田幹夫氏です。

 参加資格:1.あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師          

      2.視覚障害者の教育・福祉の業務に従事している方   

 参加費:無料
 参加申込:不要
 その他:昼食は各自持参すること
 

 お問い合わせは「研修会事務局(仙台市視覚障害者福祉協会内)」(電話090-7064-7980、担当・高橋)までご連絡ください。