点字誘導ブロックの開発検証協力者募集

2017年7月31日

 東京大学分子細胞生物学研究所では、ロービジョンの人にも見やすく、景観にもマッチした点字誘導ブロックの開発を進めています。今回は、全盲者を含む重度の視覚障害のある方に線状突起の角がとがっているものと、少し丸くなっているもので、踏んだ時または白杖で触れた時に、どれくらい感じ方が違うかを、屋外の路面上に敷設したブロックで確認していただきます。
 募集対象者は、視覚障害があり、単独歩行で、足や白杖の感覚で点字誘導ブロックを利用されている方10名程度です。
 実施場所は、株式会社リクシル大島事業所(東京都江東区、都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」より徒歩8分)です。
 実施日は、8月12日(土)。
 集合は10時30分までに「住吉駅」、都営新宿線側改札口前A3出口付近。検証にかかる時間は会場への移動も含めて2時間程度です。謝礼は、本人5000円、付添者3000円(いずれも交通費込みで、往復交通費が1000円以上の場合はプラス500円)です。
 申込時に必要な項目として、(1)氏名(2)年齢(3)性別(4)住所(5)連絡先(6)付添者の有無(7)住吉駅までの往復の交通費(本人及び付添者それぞれ)をご連絡ください。
 申込期限は8月7日(月)17時まで(但し、定員になり次第締め切り)。
 申し込み・問い合わせは日本盲人会連合情報部(03-3200-6169)まで。