第11回塙保己一賞候補者募集 8月末まで

2017年7月6日

 埼玉県では、同県出身で視覚に障害を持ちながら大きな業績を残した江戸時代の国学者・塙保己一の精神を受け継ぐ障害者や、障害者を支援する個人・団体を表彰する「第11回塙保己一賞」の候補者を募集しています。
 賞の種類と対象者は(1)大賞は、国内在住の障害者で社会的に顕著な活躍をしてきた方(2)奨励賞は、今後さらに社会的な活躍が期待される40歳未満(平成29年4月1日現在)の障害者の方(3)貢献賞は、社会的に顕著な支援活動等を行ってきた、又は障害者の自立・社会参加の拡大に繋がる顕著な発明や機器開発等を行った、国内在住の個人又は団体(障害の有無は問いません)。
 応募は所定の候補者調書及び推薦書に必要事項を記入し、郵送・FAX・Eメールのいずれかで。
 締め切りは8月31日(消印有効)。
 申し込み・問い合わせは「埼玉県福祉部障害者福祉推進課 塙保己一賞係」(〒330-9301さいたま市浦和区高砂3-15-1、電話048-830-3309、FAX048-830-4789、Eメールa3310-02@pref.saitama.lg.jp)まで。
 推薦書等は同賞ウェブページ(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/hanawa/)からもダウンロードできます。