視覚障害者対象に福祉機器展 北九州で

2017年6月8日

 北九州市近郊の視覚障害当事者団体、支援機関・団体などで作る実行委員会の主催による「見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2017」が7月2日(日)10時~16時、北九州市立西部障害者福祉会館(北九州市八幡西区黒崎3-15-3コムシティ5階)で開催されます。

 主な内容は、
 1.福祉機器メーカー・販売店約20社による機器展示(一部は実際に手に取って体験できる)、パソコン・スマートフォンなどのICT機器の相談コーナー
 2.見えない・見えにくい人のために特化して作られた商品や一般販売されている便利グッズを紹介、視覚に障害のある方に便利な用品販売、白杖相談コーナー
 3.「触る芸術」をテーマにしたセミナー。内容は、10時~16時「触れて鑑賞する彫刻展」(日本彫刻会運営委員・片山博詞氏)、14時~16時「ようこそ触って楽しむ触芸道の世界へ 触芸道を学び楽しもう」(福岡教育大学特殊教育講座講師・韓星民氏)、など。参加費は無料、予約不要です。
 4.タブレット端末の使い方や盲導犬に関する啓発セミナー、開発中のお薬手帳の読み上げアプリの体験など(申込みが必要、締め切りは6月26日)。

 申し込み・問い合わせ先は、北九州市身体障害者福祉協会(電話093-883-5555、FAX093-883-5551)。詳細はホームページ(http://www.aizu-k.com/kikiten/)にてご確認を。