視リハ研究発表大会公開講座のご案内

2017年5月23日

 視覚障害リハビリテーション協会主催による「第26回視覚障害リハビリテーション研究発表大会(川崎・鶴見大会)」が、6月9日(金)~11日(日)の3日間開催されます。3日目の11日には、視覚障害リハビリテーションに関心のある人であれば誰でも参加可能なプログラムが催されます。事前申し込み不要です。会場は「鶴見大学記念館」ホール。交通アクセスは、JR「鶴見駅」西口下車徒歩5分。
 主な内容は次の通りです。13時10分~14時10分は指定セミナー視覚障害者スポーツ「運動だって視覚リハ」(国立障害者リハビリテーションセンター病院眼科・林知茂氏)、「視覚障害者スポーツを楽しみたい!」(上野原市立病院眼科・大野建治氏)ほか、14時20分~15時20分は地域活動報告(指定)2「川崎視障協囲碁の会6年の歩み」(川崎市視覚障害者福祉協会・松本雄治氏)、「デイサービス『かみふうせん』~視覚障害者による視覚障害者のためのデイサービスへの挑戦」(特定非営利活動法人川崎外出支援センター舟橋正雄理事長)ほか、15時20分からは指定講演2「音声ナビを利用した自律歩行支援の実証実験」(清水建設株式会社技術研究所貞清一浩氏)、16時からは特別講演「網膜再生医療とアイセンター構想」(理化学研究所CDB網膜再生医療研究開発プロジェクト・高橋政代氏)など。
 また、同日9時~15時30分には、「視覚障害者向けの機器展示」を開催、無料公開されます。
 問い合わせ先は「川崎市視覚障害者情報文化センター」(電話044-222-1611、FAX044-222-8105、Eメールkawasaki-icc@kawasaki-icc.jp、担当:中村・島田)。