NHK「第71回技研公開」のお知らせ

2017年5月19日

 NHKの「第71回技研公開~2020年へ、その先へ、広がる放送技術」が5月25日(木)~28日(日)に開催されます。入場無料。会場はNHK放送技術研究所(東京都世田谷区砧1-10-11)。

 今回の技研公開では、放送技術はもちろん情報通信分野の急速な発展が期待される2020年をターゲットにした研究開発と、さらにその先を見据えて技研が取り組む研究開発を分かりやすく伝えます。

 同会場1階の展示6東京オリンピック・パラリンピック「スポーツ番組の音声ガイド」では、リアルタイム競技データから、競技の進行を説明する日本語の文章を自動で生成し、合成音声で読み上げる、生放送に対応したサービスを紹介します。

 また、地下1階の体験型展示T3「ラインアレースピーカーによる3次元音響再生」では、8Kスーパーハイビジョンの22.2マルチチャンネル音響を家庭で簡単に再生するための、技術の一つとして研究されているトランスオーラル再生法を使って、前方に配置したラインアレースピーカーだけで横や後ろから聞こえる音を再現、3次元音響を体験できます。

 そのほか、約30項目の研究成果を展示、25日には基調講演・研究発表、26日にはシンポジウムが行われる予定です。

 詳細は、ホームページ(http://www.nhk.or.jp/strl/open2017/)参照。

 問い合わせ先はNHK放送技術研究所(電話03-3465-1111、NHK代表)。

 【トランスオーラル再生法】音の位置から両耳までの音の伝わり方を再現することにより、スピーカーを設置することなく、あたかもその方向から音が聞こえてくるかのような効果を作り出す方法。