青い鳥葉書 無償配布受け付け開始

2017年4月4日

 日本郵便株式会社は、重度障害者向けに青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常郵便葉書を入れた「青い鳥郵便葉書」を無償で配布します。対象は重度の身体障害者(1級または2級)と知的障害者(療育手帳にAまたは1度、2度と表記されている方)。

 受け付け期間は7月11日まで。

 今回から5月15日発行予定の新料額(62円)の通常郵便葉書を配布します。配布される葉書の種類は通常郵便葉書の「くぼみ入り」「無地」「インクジェット紙」か、通常郵便葉書胡蝶蘭の「無地」「インクジェット紙」のいずれか1種類を選択(「くぼみ入り」は、視覚障害者にも上下・裏表が分かるように、表面左下に半円形のくぼみを入れたもの)。

 配布枚数は1人につき1種類を20枚。

 申し込みは、(1)最寄りの郵便局(簡易郵便局を除く)に身体障害者手帳または療育手帳を提示し、所定の申込書に必要事項を記入して提出する(代理人でもよい)(2)適宜の用紙に「青い鳥郵便葉書配布申込書」と明記し、手帳の種類、級別または程度、手帳番号、希望する葉書種類、住所、氏名を記入し、最寄りの郵便局(簡易郵便局を除く)に郵送する、のいずれかで。

 申込書は、郵便局の窓口で入手できます。葉書は6月1日以降、最寄りの郵便局から送付します。6月1日以降に窓口で直接申し込んだ場合は、その場で受け取ることもできます。